We have scheduled maintenance on our sites on the 21st of May from 4PM to 8PM CET. During this maintenance window, some functions on this site may become temporarily unavailable

© Instituto Universitario Ortega-Marañón
Instituto Universitario Ortega-Marañón

Instituto Universitario Ortega-Marañón

Instituto Universitario Ortega-Marañón

序章

1986 年に設立されたInstituto Universitario Ortega-Marañón 、本質的に北米の大学の大学院に相当する大学院および研究センターです。私たちの学術活動は、政府、行政、公共政策の 4 つの知識分野で展開されています。リーダーシップ、政治、コミュニケーション。スペインの文化と言語。人文科学と健康科学。

当社は、対面、混合、オンラインで幅広く多様なトレーニングを提供しており、博士号プログラム、大学の正式な修士号、修士号、専門家および専門家コース、エグゼクティブプログラム、セミナー、ワークショップ、継続的なトレーニング コースが際立っています。

研究も大学研究所の中核の一つです。それは、ゴベルナの政治・上級政府大学院など、学術活動を支援する研究分野のセミナーや専門センターを通じて、その活動を明確にする研究プロジェクトやチームを通じて伝えられます。

この教育モデルの特徴は、国際的に優れた大学からの学者の参加です。また、継続的に変化する世界のニーズに適した厳密な科学的方法論と革新的な技術も促進します。この方式により、学生は、広範なオファーのおかげで、学術界と専門家の世界の間に生じる相乗効果を活用することに加えて、今日の社会に存在する問題や課題に直面して、批判的思考とともにリーダーシップスキルを開発することができます。企業でのインターンシップや、さまざまな科学ネットワークへの積極的な参加など。

その組織構造は、ホセ・オルテガ・イ・ガセット財団(1978年設立)とグレゴリオ・マラニョン財団(1988年設立)の合併の結果として2010年に誕生したオルテガ・マラニョン財団に統合されています。所有者の気質と精神、そして両方の知識人が当時の社会に対して持っていた重要性からインスピレーションを受けています。オルテガ・イ・ガセット大学研究所は、民間団体であるホセ・オルテガ・イ・ガセット・グレゴリオ・マラニョン財団によって促進および管理され、公立大学であるマドリッド・コンプルテンセ大学に付属するスペイン初の大学研究所です。

Misión

Desarrollar y potenciar el talento de los alumnos en un espacio generador de sinergias entre los mundos académico, profesional, las redes científicas y el mundo empresarial, con el objetivo de formar alumnos conscientes y sensibles de los problemas existentes en el entorno social.

Visión

Contribuir a la formación de excelencia académica, con un marcado carácter multidisciplinar y transversal, para dar respuesta a las demandas de un mundo cada vez más global y competitivo, a través de un modelo docente que pone en valor la atención personalizada al alumno, la convivencia en el aula, el pensamiento crítico y el uso de nuevas tecnologías.

Valores

  • Responsabilidad y sensibilidad social
  • Rigor científico
  • Innovación académica
  • Pluralidad y diversidad de ideas y opiniones
  • Compromiso con la inclusión e igualdad social

奨学金と資金

¿Quiénes son los destinatarios?

オルテガ マラニョン大学研究所の公式修士号を取得している学生は、オルテガ マラニョン財団の優秀プログラムに奨学金を申請できます。これらの奨学金は、修士課程の参考大学に支払われる手数料を除く授業料の 30% をカバーします。

¿Qué necesito presentar y dónde?

興味のある方は、登録を正式に行う際に、場所の予約の支払いとともに申請書を研究所の事務局に提出し、遅くとも2020年9月15日までに研究所の事務局に送付する必要があります。

  • Datos personales
  • El Máster en el que está matriculado
  • La documentación que aporta
  • Las becas que haya solicitado o tenga intención de solicitar en cualquier convocatoria pública o privada

Los criterios para la concesión de las becas son: 1) expediente académico (70%), 2) situación personal o familiar (10%), 3) residencia fuera de Madrid en el año anterior a su matriculación (10%), 4) carta de motivación personal (10%). Los alumnos deberán entregar la documentación que acredite cada una de estas circunstancias y podrán adjuntar dos cartas de recomendación de profesores. El Instituto podrá solicitar a los candidatos seleccionados que acrediten la autenticidad de los documentos que hayan presentado con originales o copias compulsadas.

¿Cómo discurre el proceso de selección? ¿Es compatible con otras becas o ayudas?

La Comisión Académica que concede las becas estará integrada por el director del Instituto, la directora general de la Fundación José Ortega y Gasset – Gregorio Marañón, dos personas de la secretaría académica y dos profesores del Instituto nombrados a propuesta del director del Instituto y de la directora general. Esta Comisión, según los informes recibidos, realizará la evaluación y selección de candidatos y elevará a la dirección antes del 1 de diciembre, una propuesta de concesión de becas para su comunicación formal a los candidatos seleccionados.

オルテガ・マラニョン財団の優秀奨学金プログラムは、同じ大学院での研究を目的とした公的または民間の募集による他の奨学金とは互換性のない学習援助です。奨学金受領者は、他の奨学金が付与された場合、その付与から 10 日以内に研究所に通知する義務があります。

¿Cómo se aplica y cuándo?

La beca implica la reducción de la matrícula por un importe que se fijará cada curso académico en función del número de estudiantes matriculados. Esta reducción del importe se aplicará al último plazo del pago de la matrícula.

¿Qué se me puede pedir en caso de recibir la beca?

El Instituto podrá solicitar a los becados que realicen actividades de apoyo a la docencia, investigación y la cultura de la institución, las cuales les serán acreditadas. Estas actividades de colaboración no implicarán relación laboral ni mercantil con la institución ni serán remuneradas.

ランキング

「エル・ムンド」ランキングによると、オルテガ・マラニョン大学研究所の修士号は、再びスペインで最高の学位を獲得した。

新聞「エル・ムンド」によるスペインの最高250の修士号の栄誉あるランキングでは、政府および行政の修士号と国際協力および公共政策管理の修士号が再びカテゴリーのトップ5にランクインしました。 . .

専門分野でスペインのトップ5に入るIUIOMマスターは次のとおりです。

政府および行政における正式な大学の修士号は、8 年連続でその専門分野で最高クラスに分類されることができました。修士号ランキング 250では、この修士号が「行政の機能における専門家の訓練を追求する」と強調されています。研究者と専門家という二重の焦点を持つ関連性を持つ政治および行政機関。」

国際協力と公共政策管理に関する正式な大学修士号は、今年「公共開発政策の管理を目的とした、他のものとは異なる強力なトレーニングモジュールを提供する」という専門分野で際立っています。

どちらの修士号もオルテガ マラニョン大学研究所 (IUIOM) によって教えられており、メネンデス ペラヨ国際大学 (UIMP) によって授与される公式資格です。

キャンパスライフと施設

オルテガ マラニョン大学研究所 (IUIOM) は、使いやすい Moodle サポート (ほとんどの大学で使用されているシステム) を備えた最新の仮想キャンパスを通じてオンライン プログラムを教えており、教室を自宅のコンピュータや自分の携帯電話に持ち込むことができます。 。バーチャル キャンパスは、オンラインの教育および対話プラットフォームであり、教育スタッフとトレーニング参加者に、トレーニング プロセス全体を通じて流動的かつ継続的なコミュニケーションを確立する可能性を提供します。また、正式な対面トレーニングのための教育サポートや、仮想セッションを開発するための基本ツールも提供します。学習プログラムを100%活用できるように、必要なツールがすべて揃っています。

IUIOM では、トレーニング体験が教室での滞在 (対面およびバーチャルの両方) に限定されないように、さらに前進したいと考えています。私たちは、生徒たちに、さまざまなトレーニング プログラムの元生徒に加えて、オルテガ マラニョン財団の文化的および学術的活動に関心を持つ人々がつながる何千人ものネットワークの一員になってもらいたいと考えています。

学生サービス

Seguimiento personalizado

私たちには、専門家チームである家庭教師のチームがあり、参加者のパフォーマンスを毎日監視し、トレーニング活動への参加度やモジュール評価で得られた結果を検証します。彼らは学生が興味のあるニュースで仮想キャンパスを定期的に更新し、学業カレンダーに従って学生が実行しなければならないタスクのリマインダーを送信します。講師によるモニタリングは、参加者を時間管理に導き、プログラム開発中のモチベーションを維持するための鍵となります。

モニタリングは、各学生のプロフィールとニーズを考慮して実行されます。仮想キャンパス ツールは、参加者のプログラム コンテンツへのアクセス、およびディスカッションまたはディベート活動への参加に関する情報を取得するために使用されます。さらに、学生の参加率が低い場合には、その原因を調査するために、電子メールや電話で個別に連絡が行われます。対面セッションでは、学生は講師とミーティングを開催して、プログラム全体を通じて最も適切なコミュニケーション チャネルを確立できます。

学生は、モジュールの内容について毎日クエリを実行したり、プログラムの開発中に発生する可能性のあるインシデントをプログラムの責任者に送信したりできる一連のツールを持っています。講師は参加者からの質問の記録を保管し、72 時間以内に回答するよう努めます。

チュートリアルは、仮想フォーラムをアクティブにするか、参加者とモジュール コーディネーターの間で電話を手配することによって実行されます。いずれの場合も、モジュールのニーズとプログラムに登録されている参加者の数に応じて、最も適切なモダリティを定義するのはプログラム管理者の責任です。

教師との相談は電子メールの使用を避け、バーチャルキャンパスを通じて行う必要があります。お問い合わせはフォーラムまたはダイレクトメッセージから受け付けております。

ストリーミング

オンラインで教えられるコースでストリーミングを使用することで、教員と学生間の緊密なコミュニケーションが促進され、参加が促進されます。コース指導ガイドには、ストリーミングで開催されるセッションの日時が指定されています。現時点で接続できない参加者のために、セッションは録画され、いつでも視聴できるようになります。

ストリーミングの最後の部分では、学生は各モジュールの教師にライブで質問して、適切と思われる側面を明確にしたり拡張したりすることができます。

場所

  • Madrid

    Calle Colegiata, 9 , 28012, Madrid

質問