欧州の持続可能な開発の管理マスターズ

一般

15 箇所のロケーションから選択可能

講座の説明

別の会社のプレイヤーとステークホルダー(顧客、サプラ​​イヤー、地域住民、公共および自主的な団体...)との間のインタフェースは、持続可能な開発の経営の所有者の欧州のマスターは、検討と実装に参加政策や事業戦略に持続可能な開発の原則を実装する。

あなたのプロフィール

持続可能な開発のマネージャに必要な資質は以下のとおりです。忍耐と外交。これは、標準の特に普及フィールドを通信する方法を知っていることも必要である。

以下のスキルを獲得します:

  • 持続可能な開発の原則を理解する
  • コミュニケーションの原則とツールを知っている
  • 経営のタイプの理解
  • ICPEのメイン参照テキストを知っている
  • 彼のビジネスにエコデザインを実装する知っている
  • 環境上のサプライチェーンの影響を知る
  • 提案し、エネルギー消費を最適化するためのアクションを実装する
  • HQE管理メソッドを取得
  • 廃棄物に関する管理規則
  • 職場での安全性の問題を知っている
  • スタッフのためのより良い労働条件を提供
  • 地元の生活の中で会社を挿入します
  • アドバイスと診断持続可能な開発から経営を支援
  • 持続可能な開発の性能評価システムを構築する方法を知っている

プログラムの構造

持続可能な開発の運用管理 - マスターI

  • UC 4/5 - 企業、競争、ヨーロッパ
  • UC B 4 - ヨーロッパの生活言語
  • UC D 41.1 - ガバナンスと経営の実践
  1. 会社の持続的な発展の課題
  2. 内部および外部通信
  3. 影響スキル
  4. 規制ルールと確保
  • UC D 41.2 - 環境責任と安全
  1. エコデザイン
  2. 物流、輸送、貯蔵
  3. 最適な水管理の課題
  4. 大気排出量の面で、その影響を軽減
  5. そのエネルギー消費を制御する
  6. 持続可能な方法で、その廃棄物の管理:適切なソートのと全体的な廃棄物の生産削減の確立を
  7. 彼の会社の事業に内在コントロール迷惑
  8. セキュリティ上の問題
  9. 人間工学、筋骨格系障害
  10. ホームの着信、スタッフのトレーニング
  11. 会社でのリスク
  • UCD 42 - ミッションまたはProfessionalプロジェクト:
  • ミッション:仕事の配置や雇用。

開発の運用管理 - マスターII

  • UCのB5 - ヨーロッパの生活言語:
  • UCのD51 - 事業の社会的、経済的責任
  1. 持続可能な開発のための戦略と政策
  2. ステークホルダーとのかかわり
  • UC D52 - 持続可能な開発戦略の実施
  • UCのD53 - プロフェッショナル論文

トレーニング

6から12週間持続試用期間は、達成可能な、しかし必須ではありません。 インターンシップをする機会を持っていない候補者は、理論的な仕事に自分のメモリをサポートすることができます。 この場合、メモリプロジェクトは、先生を参照して決定される。

卒業生の証言:

devの
最後に3月 2020を更新しました。

学校について

ESOAD est la seule école en France à proposer exclusivement des diplômes FEDE.

ESOAD est la seule école en France à proposer exclusivement des diplômes FEDE. 閉じる
フランスオンライン , ベルギーオンライン , スイスオンライン , レバノンオンライン , ルクセンブルクオンライン , アルジェリアオンライン , チュニジアオンライン , モロッコオンライン , カナダオンライン , フランス領ギアナオンライン , フランス領ポリネシアオンライン , マルティニークオンライン , グアドループオンライン , 再会オンライン , モーリシャスオンライン + 14 もっと 閉じる