持続可能性と社会的責任の修士号を取得

一般

講座の説明

このマスターの全体的な目的は、既存の管理ツールやアセスメントの方針とで実装戦略の適用可能性に重点を置いて、概念と持続可能性と企業の社会的責任(CSR)の複数の次元を分析し、深めることである組織内のすべてのレベルは、CSRおよび主要な利害関係や利益団体との対話と相互作用のためのメカニズムを統合する。

マスターは、非営利などの倫理、持続可能性やビジネスモデルにおける社会的·環境的責任と既存のビジネスだけでなく、他の公共および民間団体に実際にアプローチを適用するために専門家を養成することを目的と営利団体や行政。

  • コーディネーション:Mªアンヘレス・フェルナンデスイスキエルド。財務及び会計学科。 UJI。
  • 大学のコーディネート:遠隔教育の国立大学
  • 理学部ジャウメI:との大学間
  • クレジットの数:60 ECTSクレジット
  • 期間:1学年(2017年11月/ 2018年9月)。 2回に分けてコースを受講するための柔軟性。
  • オファーの距離
  • 授業の言語:スペイン語
  • 価格:保留中の出版物(2016年:€46.20 /クレジット)
最後に3月 2020を更新しました。

学校について

Universitat Jaume I (UJI) came into being as a higher education and research centre on 27 February 1991 to meet the unanimous social demand in the Castelló area. It was also the fruit of a tradition i ... もっと読む

Universitat Jaume I (UJI) came into being as a higher education and research centre on 27 February 1991 to meet the unanimous social demand in the Castelló area. It was also the fruit of a tradition in education inherited from the Teacher Training studies at the old University College of Castelló (Col·legi Universitari de Castelló, CUC), which dated from 1969. 閉じる
カステリョンデラプラナ